アルピコ交通 3000系 GM+あまぎ

2両(完成)

1
京王3000系5両キット

2
先頭車ランナーを切り出す
前面は別ランナーの更新型を使います
妻板は雨樋付きのものを使います

3
運転室後ろの客窓と戸袋窓をつないで大きく穴を開ける

あまぎのエッチングパーツをはめます
4
左右両側面とも同様に
5

前面は更新型のものの行先表示機を削り、段差を全部均してしまいます
左が元の状態、右が加工後
6

通常のキットのように□に組みます
7
ここまでは2両とも同じ作業

パンタなしの屋根にクーラーの取り付け穴を開けます
実車のクーラーが車体中央ドアから少し前寄りにシフトしていますので キットのガイド穴から1mmほどずらしました
8
車体に接着します。

鉄コレの18m用動力を使用しますので、裏側のリブは全部削ってしまいます。
そのままでは車体と動力の間に隙間が空くので、エバーグリーンのプラ材#107 0.25tの帯を車体裏側に貼ります。
9
幅方向はこれでOK。
高さ決めのリブを#292 L字アングル材で立てます。

反対側の先頭車は中間車用のパンタ付き屋根板を使いますが長さが違うので短縮が必要。
配管あるけれども、ここが詰まっているので、ここで継ぎます。
10
クーラーの穴を同様に開けて、車体に接着。

床下にいきます。
トレーラー車の床下機器は適当にバラして写真を見ながら並べ替えます。
11

動力車のほうは高さ、厚さとも薄くして、動力ユニットに接着。
こちらもそれらしく並び替え。
12

車体の塗装は金属部分にメタルプライマーを塗って、全体をガイアのExホワイトに。
屋根と車体裾をねずみ色1号で。側面の台枠部分のグレーを忘れがちです。
13
クーラーと屋根上機器はねずみ色1号に少し白を加えました。
14
サッシに銀、Hゴムに黒を筆塗り

デカール貼ります。窓とか無視してべたっと。
それから窓を全部抜いてやる。
15
反対側と前面も。
ナンバーは付属シールで3005+3006に。

デカールの乾燥を待ってからクリアを吹く。
乾いたらクーラー、避雷器などを付けます。
16

台車はクハにGMの東急TS、クモハに鉄コレのTS804
ガラスを付ければ完成です
17

18

2012年9月19日

戻る