東海道本線

◆例1
特急「つばめ」 1列車 東京→大阪 昭30.6.2(木)
牽引機 C6225(名)

1 スハニ 353 大ミハソ 大1
2 スハ 441
3 スハ 442
4 スハ 443
増1 スハ 4412
増2 スハ 4414
5 スロ 601
6 スロ 6010
7 マシ 353
8 スロ 60113
9 スロ 607
10 スロ 605
11 マイテ 391

KATOのカタログにも「つばめ」編成が載っているが、カタログのものは昭30.10より後ではないかと思われる。(この時に「はと」用のマイテ49と交換されている)

◆例2
急行「彗星」 15列車 東京→大阪 昭和30.6.4(土)
牽引機 C6236(宮)

  マニ  60375 大ミハソ 大荷2

大2

 

 

 

 

 

 

 

  マニ  60237
1 マイネ 4111
2 スロネ 308
3 スロネ 3010
4 スロ  5417
5 スロ  5415
増1 スロ  5010
6 オロ  4077
7 スハ  43692
8 スハ  4416
9 スハ  43688
10 スハ  43691
11 スハ  43690
12 スハフ 42303

◆例3
準急 406列車 大阪→名古屋 昭30.6.2(木)
牽引機 C5940(宮)

  スハフ 42263 名ナゴ 名附13
  スハ  43332
6 スハフ 4244 名21
5 スハ  4394
4 スハ  4398
3 スハ  4395
2 オロ  4112
1 スハフ 42262

下り405列車も同様

◆例4
普通 132列車 大阪→東京 昭30.10.15(土)
牽引機 C6244(梅)

スハ 4268 大ミハソ 米原行
オハ 60118 高タカ 東京行
オハフ 33387 大ミハソ 大8
スハ 42101  
スハ 4276  
スハ 42100  
スハ 32728  
スハ 42133  
スハ 4298  
オロ 3621  
オロフ 322 東シナ 東附8
マユ 357 大ミハソ 大郵1
マニ 60352 盛アホ 盛荷11

下り133列車、東京〜門司の111・112列車もほぼ同様。
客車・荷物車に加え、郵便車も連結されている。

◆例5
普通 920列車 京都→米原 昭30.7.1(金)
牽引機 C59118(梅)

スハフ 32286 大キト 大附11
スハ 32761  
スハ 32591  
スハフ 3289 大附14
スハ 32267  
スハフ 32225 大14
スハ 32589  
スハ 32590  
スハ 32748  
スハ 32592  
スハ 32747  
スハ 32295  
スハフ 32248  

32系ばかり13両。色は「ぶどう色1号」らしい。
スハ32はGMを組むとして、スハフは?

戻る