JR九州 815系 林檎製作所

2両(完成)

購入は2009年11月
当時は815系専用のピタ窓発売前ですので、817系用を使用しています。

キットの内容
3834142961S.JPG
GMと同じ構成。
車両本体、屋根、床板、屋根上機器、床下機器、説明書とステッカー。
これで2両分。
この他にトミックスの211系用動力ユニット、T車用台車、KATOの885系用パンタグラフを使用します。

クモハの車体は動力ユニットを組み込むための加工
裏側のリブは全部削ってしまいます
1501980065S.JPG
この他にTNカプラが当たる部分も現物合わせで削ってあります

何度か調整してOKなら接着剤で□にします
3617278774S.JPG

動力ユニットもボディに当たる箇所を、これまた現物合わせで削ります
1635066059S.JPG

床下機器は動力ユニットのダイキャストに合わせて薄くしました
2764777417S.JPG

屋根を接着しなくていいように加工します
屋根の裏側に車体と合うようプラ板で適当に爪を作成
3817725336S.JPG
これで車体と屋根は別に塗装できる=マスキングが簡単

クハも車体はクモハと同様です
床板はトミックスの台車を取り付けるために加工
元の床板の凸を削り、新しい支えと台車ネジ取り付け用のプラパイプを接着
車体高さはクモハと揃うようにします
1798893458S.JPG

組立が終わりましたらば塗装です
床下と台車はジャーマングレイ
1124082683_205SMALL.JPG

クーラーはアルミシルバーで塗装の後、デカールを貼ります
1132360530_121SMALL.JPG

屋根は全体を黒で塗り、サイドをマスクしてシルバーメタルを塗ります

前面は貫通扉と周囲の赤→側面の黒→銀の順に塗装
オデコの黒はデカールを使うことにします
1145994654_166SMALL.JPG
ライト周りはデカールがありますが使用せず、筆で少しずつ塗りました
乾燥後にロゴなどのデカールを貼ります

車体もドアの赤→前面の黒→銀の順に塗装
その後大量のデカールで表記を貼っていきます
1263064678_240SMALL.JPG

窓ガラスはガチョウハウスのピタ窓817系用です
運転席側面の小窓と、ライトレンズ一式、正面貫通扉窓は817系と異なるので
余るものから切り出すか、手持ちの塩ビなどで間に合わせます
現在はそのものズバリの815系用があるので、多分加工不要のはず

組み立てれば完成です
1367186152_120SMALL.JPG
1367186155_196SMALL.JPG
2011年10月15日

戻る